社会人をしながら埼玉の看護学校に通いました

指定の教育過程をクリアすれば誰でも受験することができる

指定の教育過程をクリアすれば誰でも受験することができる仕事を辞めて「正看護師」になるために看護学校に通学を決めましたあらゆる制度を利用して医療の世界に飛び込まれることをおすすめします

私は、4年生大学を卒業してから一般企業で普通のOLとして10年勤務してきましたが、もっと専門知識を持って世の中の人の役に立つような仕事をしてみたいと強く思うようになり「看護師」という職業を目指す決心をしたことがきっかけで看護専門学校に入学しました。
また、私のように一般企業に出てしまい働いている人でも可能であるのか、年齢制限があるのかなどが気になりましたが、看護師の取得には年齢制限がなく、指定の教育過程をクリアすれば誰でも受験することができることが分かったので安心して資格取得を目指すきっかけにもなりました。
医療業界のことははまったく理解しておらず看護師の職種には、「正看護師」と「准看護師」の2種類の職種があることも知らずにこれもきっかけに初めて知りました。
正看護師になるには、国家資格の看護師免許の資格取得が必須であり、代表的なルートは看護専門学校か看護短期大学の3年制と大学の看護学部の4年制に進学して卒業する必要があります。
正看護師の授業はほとんどの学校が昼間部のために日中働きながら通学するのは難しいとされています。
一方で、准看護師になるには、各都道府県発行の免許を取得すれば働けるので、受験資格は准看護師養成所で2年間勉強し卒業すれば受験できるようになり、夜間の定時制学校があり、働きながらでも通いやすくなっているのが特徴です。

今朝の番組で看護師の人達が泣きながら仕事をしていると言うコメントを聞いた😭 心が痛すぎて #GoTo を止めないスガに憤りを通り越して……鬼畜としか思えない‼️ #感染拡大はスガの責任  #GoTo止めろ

— Ran🎻Music (自由党が解散した事には意味がある #強固な結集) (@etude6635) December 9, 2020