社会人をしながら埼玉の看護学校に通いました

仕事を辞めて「正看護師」になるために看護学校に通学を決めました

これらのことを踏まえて、自分は長い目で見て、女性が長く働ける職種であり、常に人手不足で需要が多くてやりがいのある仕事にしっかりと就きたいので、仕事を辞めて「正看護師」になるために看護学校に通学することに決めました。
看護学校では、社会人向け入試の実施が積極的に行われていることもあり、試験の内容は小論文と面接のみなので、大変受験しやすいことがメリットで合格率も高い埼玉県の学校に受験して無事に合格することができました。
これまで勤めていた仕事を辞めた身ですから、これからの生活するための経済面のことも考えなくてはならなかったのですが、埼玉の看護学校はの学費は入学金が約15000円で、授業料は年間約30万円なので、3年間でかかる費用はユニホームや教科書代を含めて合計で約100万円程度だったのでとてもコスパが良くて助かった記憶があります。
さすがに無職では生活が難しいこともあり、看護学校に通学しながら勉強に支障が出ない程度のアルバイトをしながら生計を立ており、なんとか生活してました。
そして看護専門学校の多くは、奨学金制度を導入しており「お礼奉公」という独特のシステムがあるこを知ったのですが、「お礼奉公」とは、資格取得後に一定期間関連医療機関で勤務すれば、奨学金の返済が免除される仕組みで、学費が実質無料になります。
私は実際に就職する前から現場の雰囲気も見れるというメリットのあるこちらのシステムを利用して、授業料がほぼ無料で授業を受けることができたことがとてもメリットです。

指定の教育過程をクリアすれば誰でも受験することができる仕事を辞めて「正看護師」になるために看護学校に通学を決めましたあらゆる制度を利用して医療の世界に飛び込まれることをおすすめします

久喜看護専門学校 | 埼玉県の准看護学校一覧:NurseSchool.info